普通の日、

実際にはオートバイ店ではないんですよね。URALと触れ合いながらコミュニケーションする、URALを見ながらコーヒー片手に雑談する、たまにはご飯でも食べながらURAL話に盛り上がるアジトなスペース…それがURAL北海道です。多分これが一般的なオートバイ店なら一か月で万歳三唱で消滅致します。そんなスペースが一つ位存在してもいいじゃない?